平成18年度「資質の高い教員養成推進プログラム」(教員養成GP)における私立短大の取組み採択校について(ご報告)

平成18年7月20日

「資質の高い教員養成推進プログラム」(教員養成GP)は、大学(大学院・短期大学を含む。)における教員養成や現職教育の充実・強化を図る特に優れた教育プロジェクトを、国公私立を通じた競争的な環境の中で選定し、重点的な財政支援の実施を行うことを目的として、平成17年度から文部科学省が開始している事業です。
平成18年度から、短期大学も応募できるようになり、今回は下記の私立短大の取組が採択されました。

【単独教育プロジェクト(幼稚園分)】
東海大学短期大学部(児童教育学科)
プロジェクト名称 既卒者支援を含む教員養成プログラム
(プロジェクトの概要)
適切な教職支援のため、在学生に対しては「面談カウンセリング」による教職指導を定期的に行うと共に、卒後1年以内の既卒者に対しては、大学教員による訪問面談カウンセリングを実施し、実務、メンタル両面のサポートを行う。また園側からの要望により「出張講義」を実施し、園との連携強化を図る。その上で要望を踏まえた「リカレント教育」を実施し、既卒者と在学生の交流を通して教職に対する意欲と情熱の醸成を図る。

常磐会短期大学(幼児教育科)
プロジェクト名称 課題解決能力を高める実習支援とその体制の構築
(プロジェクトの概要)
本教育プロジェクトは、教員養成で重視されている実践力及び課題解決能力の育成を目的とし、教育実習等の実践的な学習機会に課題解決型参画学習を実施するものである。そのために、実習協力校(幼稚園)と大学間においてインターネットを活用したネットワークを構築し、時間的・距離的な問題を解消するとともに連携の強化を図る。幼稚園教育で重要な「計画→実践→反省・評価」に実際の現場の姿を随時反映して、学習効果の向上を図る。

【共同教育プロジェクト(幼稚園分)】
プロジェクト名称 大学コンソーシアムによる幼稚園教員の養成
-地域社会に密着した子育て支援と幼保一元化への対応-

岡山大学(教育学部)
美作大学(生活科学部)
倉敷市立短期大学(保育学科・専攻科保育臨床専攻)
新見公立短期大学(幼児教育学科)
岡山短期大学(幼児教育学科)
川崎医療短期大学(医療保育科)
順正短期大学(専攻科幼児教育専攻)
美作大学短期大学部(幼児教育学科)
(プロジェクトの概要)
本教育プロジェクトは、少子化が進む時代と教育現場・地域のニーズに対応できる専門的力量と実践力を備えた幼稚園教員の養成を目的とする。そのために、岡山県内保育者養成大学9校による大学コンソーシアム(地域大学間連携機構)を組み、養成教員の協働による「教員養成カリキュラムの充実」、学生に向けた「学生間交流による主体的成長の促進」、及び地域・家庭に向けた「地域に密着した子育て支援推進と拠点化」に取り組む。

なお、詳しくは、文部科学省「資質の高い教員養成推進プログラム(教員養成GP)」ホームページ
又は「文部科学省ホームページ(https://www.mext.go.jp )」
をご参照ください。

タイトルとURLをコピーしました