平成29年度私立短期大学教務担当者研修会について(報告)

平成29年12月8日
教務委員会

標記研修会について、下記の通り開催されました。
なお、配付資料の一部を下記からダウンロードできるようにいたしました。ご活用いただければ幸いです。

1.日   時  平成29年10月25日(水)~10月27日(金)の3日間
2.会   場  大阪市「大阪ガーデンパレス」
3.参加者数  180校・233名
4.研修内容
(1)講演等
行政説明
「短期大学教育に関連する文教施策の現状について」
文部科学省 高等教育局 大学振興課 短期大学係長  齊藤 正信 氏

講演
「あらためて考えてみる 大学で働くということ
―真の教職協働の実現に向けて―」
金沢大学 地域連携推進センター 准教授  蜂屋 大八 氏

事例報告1
「地域総合科学科に適合した教学改革

―AP事業を中核としたアクティブラーニングの活性化と学修成果の可視化―」

京都光華女子大学短期大学部 准教授  小山 理子 氏

事例報告2
「松本大学松商短期大学部の教学改革
―これまでの教育改革とAP事業の位置づけ―」
松本大学松商短期大学部 教授  糸井 重夫 氏

(2)委員会報告
1)平成29年度「私立短期大学教務関係調査」の集計結果および分析について
丸山 志げ子 委員(共立女子短期大学 教務課統括課長)

2)平成29年度『短期大学教務必携』(第22次改訂版)
山崎 直子 委員(広島文化学園短期大学 学生部学生課係長)

(3)グループ別研修
[グループⅠ]
教務をめぐる諸問題について・・・8グループ
主な対象:初任者(教務経験1~2年)を除く、
教務担当者の方々から部・課長相当の方々
[グループⅡ]
学校教育法・短期大学設置基準等と教務事務について・・・3グループ
主な対象:設置基準等の法令と教務事務について勉強したい教務経験が
1~2年の方々

以上

タイトルとURLをコピーしました